2004年10月24日

以前の記事(MasaGon日記|MasaGonライブ告知)で報告させていただいたライブの第1弾が無事終了した。

MasaGonが学生時代所属していたサークル(ロス・ガラチェロス)の、学園祭ステージであった。MasaGonのバンドはというと、今後の課題はあるものの、まずまずので出来だったと思う。応援してくださった皆さん、本当にありがとう!感謝!感謝!

それよりも何よりも、当日同じステージで演奏した、数々の他のバンドの演奏の素晴らしさといったら...


特に「OBバンド」と「レギュラーバンド」は本当に楽しませて頂いた。私の心の中は、「よく「遊ぶ人」ほど成功できる」を読んで以来、すっかりオープンマインドになっているので、ビールの力も手伝って、一人で踊りまくってしまった。私の脳内には相当の「ベータエンドルフィン」が抽出された事であろう。

それを裏付けるかのごとく、私は翌日の会社で驚くべき変化を体験する事となる。英語の聞き取り力がアップしていたのである。これには正直自分でも驚いた。

オフィスには、普段から英語でまくし立てるアメリカ人のマネージャがいるのであるが、普段は彼の調子が乗ってくると、せいぜい6割ぐらいしか捉えられないのだが、なぜか知らないがこの日ばかりは、ほぼ完璧に意味が理解できたのである。これほど早く効果が出るとは、ベータエンドルフィン恐るべしである。

私はこの日からカナダに飛んだが、その効果は引き続き、一週間ほとんどストレス無くコミュニケーションを続けることが出来た。なぜかカナダでも帰国後も時差ぼけがない。以前はあれほど苦しんでいたのに。驚くべき発見である。

話はそれたが、「OBバンド」で本当に感動する素晴らしいパフォーマンスを繰り広げてくれたドラマーがいる。カズキチ君である。彼の表現力は本当に素晴らしい。客の心のつかみ方を本当によく知っている。

彼の潜在的な表現能力は、現役時代から文章力としてもよく現れていた。彼は3年生の間、一年間に渡りネット上に「島日記」なるものを綴っていた。実は、MasaGonがMasaGon日記を始めようと思った、一つの背景は彼の「島日記」にあった。

サークル関係者で、彼のオープンマインドなその語り口に、つい引き込まれてしまったのは私だけではないはず。私はその時、初めてネット上の文章表現の影響力を実感したといっても過言ではない。それが、後に私にMasaGon日記を書かせるベースとなったことは間違いない。

ともあれ、本当に楽しい1日であった。東京ガラチョスのメンバーの皆さん、喫茶ロスガラの出演者の皆さん、現役の皆さん、スタッフの皆さん、楽しいひと時とエネルギーを本当にありがとう!

♪この記事で「元気」が出たらここをクリック!
<↑Blog Rankingへの投票です。1日1クリックのご協力をお願いします。>








(23:48)

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔