2004年10月28日

MasaGonの勤務している会社は、米国オレゴン州ポートランドに本社のあるグラフィック(画像処理)用の半導体メーカーである。トロントにはその設計・開発の一部を担う非常に優秀なチームが結集している。

ここの環境が実に素晴らしいのだ。トロント(Toronto)郊外のリッチモンド・ヒル(Richmond Hill)(ダウンタウンから車で45分ほど)というところに拠点があるのだが、この周辺は多くのカナダ在住の富裕層が住んでいる街らしい。(その多くはセカンド・ハウスを持っている)

会社のすぐ上をカナディアン・グース(でかいっ!)の群れが、実に美しいV字を描いて低空飛行で飛んでいく姿は圧巻であり、会社のボードルームの窓からは、広大なハイウェイを挟んで小さな(といっても充分広いのであるが)空港があり、プライベートセスナやヘリコプター、小型の国内コミューター便の離着陸を間近に見ることが出来る。


かといって、山奥の生活に不自由するようなところでもなく、ひたすら平野の大地の上に、豊かな自然と、ショッピングモールなどの便利な施設がバランスよく配置されている。街は整備され、空は広い。

また、この周辺には世界的に有名なグラフィック・チップ(画像処理用半導体)のメーカーが結集している事でも有名である。パソコンのグラフィックカード用チップで有名なATIや、私の勤めている会社の競合でもある、液晶ディスプレイ用チップやファロージャ(Faroudja)で有名なジェネシス(Genesis Microchip)は、私が今宿泊しているホテルの目と鼻の先である。他にも多くのグラフィック・チップメーカが周辺にある。

私は、以前に現地エンジニアにその理由を聞いてみたことがあるが、明確な理由は得られなかった。しかし、今私はひとつの仮説を持っている。

カナダはアメリカ以上の移民王国である。カナダの永住権は容易に取得でき、3年の定住で市民権も得られるということである(詳しくは「カナダ永住権.com」をご覧頂きたい)。ご存知のようにアメリカではグリーンカード(永住権)を取得するのも至難の業である。911の後はさらに困難になったと言われている。

そういう訳で、トロント(人口はカナダ全土の1/5を占める)には驚くほどアジア人(特に中国系)が多い。リッチモンド・ヒルは富裕層の街というよりは、富裕中国人の街と言ったほうが正しいかもしれない。街には中華料理をはじめ、アジア系料理のうまい店には事欠かない。

私の勤めている会社のトロントオフィスも、驚くことにほとんどがアジア系移民である。黙って仕事をしていると、日本のオフィスで仕事をしているような錯覚に陥る。韓国人、インド人、中国人、台湾人、フィリピン人、タイ人、香港人、日系人全て揃っている。西洋人は数えるほどしかいない。

しかも、そのほとんどが自ら移民の経験を持つ(つまりカナダ生まれではない)。日系人(恐らく2世)こそ日本語は話せなかったが、他は母国に親戚を持ち、定期的に帰国している。(カナダの市民権を持つ人にとっては、帰国という言葉は適切でないかもしれないが...)

私は、これがトロントでグラフィック・チップメーカーがうまく行く理由なのではないかと思っている。

私は以前の記事(MasaGon日記|木を見る西洋人 森を見る東洋人)で、西洋人と東洋人の本質的な性質の違いについて触れた。

グラフィック・チップを作るためには、画像のディテイル(詳細)に対する繊細な感覚を持っていなければならない。私は、画像の隅々に渡って、悪く言えば重箱の隅をつつくような画質評価を行って、地道にそれを改善していくような作業は、本質的に西洋人(特にアメリカ人)には向いていないのではないかと思う。

もちろん西洋人には、圧倒的な発想力や、既成概念を打ち破る大きなパワーがあるので、それが一概に悪いということではない。彼らのパワーがファブレス(工場を持たない)半導体メーカーというパラダイム転換をもたらした事は否めない。

そういう意味で、カナダというのは、いま非常にバランスの取れた国なのではないだろうかと思っている。つまり、彼らは西洋人と東洋人の双方のメリットを享受できるポジションにあるのではないだろうか。

別の記事で詳しく書こうと思っているが、日本も今非常にこの立場に近い位置にあって、今後数十年間急速に発展する素養を持っているような気がしている。ここに来ての、イチローや北島康介のような天才の輩出はその表れと考えている。

ともあれ、今私の中で「カナダ」が熱い!
そして、今日ここにまた一つ私の夢が増えた。いつの日か必ずカナダの永住権を取得する事である。老後はカナダも良いかもしれない。

♪この記事で「元気」が出たらここをクリック!
<↑Blog Rankingへの投票です。1日1クリックのご協力をお願いします。>







(18:50)

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔