2004年10月08日

クワマンヤマハからイージートランペット『EZ−TP』というのが出るらしい。

ラッパ吹きMasaGonとしては、これをご紹介しない訳にはいかない。

トランペットに限らず、金管楽器を演奏するために一番の難関となるのは、「バズィング」という唇の振動をうまく発生させることである。(決して肺活量さえあれば音が出るというものではない)

実際の金管楽器では、この「バズィング」の振動を「マウスピース」と呼ばれる歌口経由で、楽器本体に伝達させて共振させることによって音を出す。

イージートランペット『EZ−TP』では、どうやらこの「バズィング」の代わりに、マウスピースに口をつけて歌を歌えば良いようである。


限定受注生産型ショッピングサイト「たのみこむ」内のこのページでは、実際に歌うことにより演奏している様子が動画で見ることができる。(ただし、これは試作品で、正式リリース製品とは形状からしてだいぶ異なるようである。)

何とも「マヌケ」である。せめて声が外に漏れないようにしてくれれば良いのであるが...

しかし、私は以下の2つの点で、「もしかしてこれは、ホンモノのラッパの練習目的で使えるのではないだろうか?」と思っている。

1.正確な音程感覚を身につける練習
トランペットにはバルブが3つしかない。半押しという運指はないので、全部で2の3乗=8種類の指使いしかない。つまり一つの指使いで何種類もの音を出せることになる。これをコントロールするのは「バズィング」であり、つまり音の高低に関しては、実は指使いよりも「バズィング」の方が支配的である。

ホンモノのトランペットでは、楽器がガイド役となっているため、きちんとした音程を取れていなくても、指が合っていれば「それなりの音」が出るが、これでは良い音(きちんと響く音)にはならない。この音程感覚をつかむために、実際に指とあわせて歌ってみるというのは、非常に合理的な練習となる。しかも、この練習によって唇がバテることもない。

2.正確なタイミングで指を動かす練習
1とは逆に、ホンモノのトランペットでは、早いフレーズを吹くときには指使いが多少曖昧でも、口の状態でそれを誤魔化すことができる。恐らく電子楽器である「イージートランペット」では、そのような誤魔化しがきかないであろうから、歌と指使いのタイミングをきっちりあわせるための練習になるのではないだろうか。

というのが私の予想であるが、いかんせんこればかりは実際に試しに吹いてみないと何とも言えない。11月1日(月)発売だそうであるから、発売されたら是非試奏してみたいと思う。どこかでプロモーション等をやっているのを見かけたら、是非MasaGonにお知らせ頂きたい。

なお、こちらには記者会見の動画が、こちらには製品の各部の細かい写真とクワマン親子のライブ動画が置いてあるので、是非見てみて欲しい。

♪この記事で「元気」が出たらここをクリック!
<↑Blog Rankingへの投票です。1日1クリックのご協力をお願いします。>



Click Here!









(23:59)

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by みぞて   2004年10月10日 03:51
右のリンクの動画を見て、案外まともな音がしてるなと思ってよく記事を読んだらクワマンは生ラッパなんですね。
びっくりしました。
危なくこれだけまともな音がでるなら買ってみようかと思うところでした。

左のリンクの方を見たら電子音らしい電子音で一安心(?)しました。
2. Posted by MasaGon   2004年10月10日 05:06
>みぞて君、

ウィンドシンセみたいに、息のスピードも検知できるようになると、もっと良いんではないかなぁ。ただ、ラッパの場合は音の高低も同時に検知しなければならないので、製品としてはちと大変かなぁ。

吹くほうにしてみれば、息遣いは普通の楽器のようにして、同時に声帯を振動させて歌うというのは、それほど難しいことではないように思えるけどどうかな?(唇を振動させる必要がないのであれば...)
3. Posted by ハセガワ   2004年10月10日 06:00
個人的には、指の練習に使いたいですね。それなりのピストン感があれば、難しいフレーズの練習に使えそうですし。
高い音域で難しい指使いなんかだど、練習しているだけでバテてしまいますし・・・w。

でも、自分だったらサイレントブラスに走ってしまいそうな気がします。でも、これを使ってバカテクを心ゆくまで楽しむのも捨てがたいかも。

それにしても、最初からセットされていく曲の選曲が絶妙ですね。ラッパ吹きなら、一度は吹いてみたいと思うような曲ばかり。
その一方で、音色のほうはどうなんでしょう。オーボエや尺八なんて、音色の系統が全く違う気がするのですが。需要があるんでしょうかねぇ?
4. Posted by fantasy   2004年10月10日 21:26
ラッパ吹きMasaGonさん、こんばんは!
ブラスにはうるさいfantasyです(苦笑。

実は小生もペット吹きだったのですヨ。中学生の頃、ブラスバントをかじっておりまして、高校生の頃には、長野市民ジャズバンドで、浪人生の頃には、新宿ピットインで吹いておりました。今から27年位昔の話で恐縮でずが・・・。

大学入学と同時に遠ざかりましたが、小生のWebsiteのプロフでプラグインで使用している「E.W.&F.」のブラスなんかもいい線いってると思いますが・・・。

個人的に好きなジャズメンは「マイルス・ディビス」、「日野テルマサ」デス。
5. Posted by MasaGon   2004年10月11日 03:21
>fantasyさん、

え〜っ!そうだったんですかぁ〜っ!
それならそれと、早く行ってくれればよかったのに。(笑)

11/27(土)に赤坂でビッグバンドジャズのライブやりますけど、もしお暇でしたらいかがですか?私は基本的にはリード(トップ)ラッパ専門ですけど...

「E.W. & F.」良いですよねぇ。僕の周りにもはまっていた人いっぱいいますよ。CHICAGOなんかはどうですか?

ジャズメンはかなり正統派ですねぇ。この辺は昔は全然興味なかったんですが、最近良さがわかってきました。まだまだ若輩者ってことですね。(笑)
6. Posted by fantasy   2004年10月11日 06:53
>MasaGonさん、

隠していたワケではないんですが・・・。昔のことなので、言いそびれていました(苦笑。小生の持っていたペットはドイツのゲッツェンというメーカーのモノでした。

>11/27(土)に赤坂でビッグバンドジャズのライブやりますけど、もしお暇でしたらいかがですか?

時間があったら行きたいですネ。

CHICAGOもいいですねぇ。

日本のミュージシャンでは、フュージョンですが、The Square の「うち水にRainbow」(1983年CBS/SONY)なんかもオススメですヨ。TASOGARE DE MIENAIは松任谷由美とコラボしてます。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔