2004年10月02日

おなじみ経営コンサルタント神田昌典氏による、「成功者の告白〜5年間の起業ノウハウを3時間で学べる物語」である。


成功者の告白 5年間の起業ノウハウを3時間で学べる物語

彼の著書は本当に外れがない。また、読めば読むほどファンになってのめりこんでしまうのは私だけではないはず。本書もご多分に漏れず、私の頭を「右脳から」「左脳から」挟み撃ちにされた気分である。(ってどんな気分だっちゅうの...)


著者の神田昌典氏は、今日本で一番ホットなコンサルタントと言っても過言ではない。

私の周りにも彼に心酔している人、彼を人生の目標にする人、彼の人生をトレースしようとしている人が実に多い。初めて彼の名前を聞く人が、そんな神田昌典氏の魅力を味わうには、本書を一読するのが一番の早道であろう。

本書は世にある成功ノウハウ本とは、完全に一線を画している。自己意識の高いMasaGon日記ファンの方には、既に多くの成功本をお読みになっている方も多いかと思う。

恐らくその多くは、行動することに二の足を踏んでいる人に勇気を与え、一歩を踏み出させる決意をさせるために、その「光」の部分にだけスポットをあて、それに伴う「影」の部分は敢えて触れられていないものがほとんどであろう。

ところが、本書はそのタブーである「影」の部分を、敢えてこれからの起業家に向けてしっかりと伝えることを趣旨としてる。もちろん「影」を普通に事実として伝えれば、そこにネガティブな空気が生まれ、読み手のモチベーションを下げることになりかねない。そこで本書では、この伝えにくいことを伝えるために、なんと「物語」というスタイルを取っている。

これが非常に素晴らしい効果をもたらしているのだ。副題に書いてある通り、本書は本当に3時間で読めてしまう。ビジネス書としてとらえずに、ある成功者の物語として小説のつもりで読んだとしても、充分それに耐えうるクオリティを持っている。そして何よりも感動の連続である。

神田昌典氏は心理学にも造詣が深いと聞いているが、本当に彼は人の心を捉える天才である。感動できる物語調のビジネス書と言えば、私は他に本田健さんの以下の2冊もお勧めする。


ユダヤ人大富豪の教え

スイス人銀行家の教え―お金と幸せの知恵を学ぶ12のレッスン


Click Here!



話が逸れたが、神田昌典氏に言わせれば、成功ノウハウを実践さえすれば成功すること事体は簡単なこと、しかしその過程に埋められている数々の地雷を知らなければ、多くの成功者がそれを踏んで不幸になりながら成功していくのだそうだ。

本来人は幸せになるために成功したいと願うものである。しかし、実際に成功を目指すがために、妻を失い、子供を失い、心を許せる友人や親兄弟を失い、最後には虚栄心だけでかろうじて生きている人も世の中にはたくさんいると思う。そこにスポットをあて、「幸せに」成功しようという事を、日本で最初に啓蒙し始めたのは神田昌典氏なのではないだろうかと私は思っている。

その地雷とは、必ずしもビジネスに関することにとどまらず、家庭の問題であったり、子供の問題であったり、社員の問題であったり、人間関係の問題であったりするわけであるが、それらは全て一本の道筋で繋がっており、必然的に起こるべくして起こっている、ということを本書は教えてくれる。

私は自分が実際に起業する前に本書にめぐり合えて、本当に良かったと思う。もしこの法則を知らなければ、ここに書かれている多くの地雷を踏むことになるだろうと思う。そして、本書はまた、「成功のためにはこんなに多くのリスクがある。だけれどもそれを補っても余りあるこれだけのメリットがある。お前はそれを承知の上で本当に成功を目指すのか?」という問いに、はっきりと「イエス」と答える覚悟を決めるきっかけを与えてくれた。

これから起業を考えている人、既に起業して黎明期や成長期にある会社の社長さん、あるいはサラリーマンでも仕事が順調だがプライベートがうまく行っていないという人には、絶対に一読をお勧めする。

私も独身ではあるが、思い当たること多しで反省する事しきりである。今思えば、自己の視点からのみ物事を見ることによって、たくさんの人間関係を自ら崩壊させてきた。

神田昌典氏は教育機関に交通費、経費なども含めて無料で講演・授業を行うなど、世の中に役に立ってかつ幸せに生きているように見える。もちろんそれは多くの辛い失敗を乗り越えての事であろうが、私も一日も早く彼のような幸せな成功者になりたいと思っている。

次回はホリエモンお勧めの「スリッパの法則」をご紹介する。


スリッパの法則 - プロの投資家が教える「伸びる会社・ダメな会社」の見分け方

【斎藤一人語録5】(「斎藤一人の百戦百勝」 小俣貫太著 ISBN4-492-04188-5 より引用)
商売の連戦連勝は楽しさから


Click Here!









(23:50)

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 成功者の告白  [ 波の上の魔術師 ]   2004年10月07日 10:04
読書終わりました。[:読書:] 今まで読んだことがない、内容のビジネス書でした。 「すべては一杯のコーヒー」を読んだときも、 涙が出たけど、この「成功者の告白」も涙が出た。 神田昌典恐るべし。。。 ちょっと神田昌典著の本を他にも読んでみようかと思う。
2.   [ 成功おたくのビジネス書評 ]   2005年07月01日 12:04
神田昌典著『成功者の告白 5年間の起業ノウハウを3時間で学べる物語』 この本の書

この記事へのコメント

1. Posted by 田代英治   2004年10月15日 00:38
田代です。成功者の告白を読みました。「すばらしい感動をありがとう。」って感じです。読んでいるときは、主人公タクになっていました。全てを読みきって現実に戻るまでしばらくかかりました。

サラリーマンをしていても、つい自分のことばかりやっていると、家族に災難がふりかかってしまう、同じような経験をしました。今後生きていくうえで大事にしなければならないことがよくわかりました。この本に出会ってよかったです。ありがとうございました。

Masagon日記すごい人気ですね。私も毎日読んでクリックしています。

ところで、私のブログも経営部門で8位までランクアップしました。文字だけでも大丈夫なんですね。1位はダントツで丸山学氏ですが、彼を目標に頑張ります。週末起業フォーラムのメーリングリストに投稿してみましょうか?それから、今後のビジネスモデルを一つ思いつきました。また、今度お会いしたときにお話します。
2. Posted by MasaGon   2004年10月15日 03:23
>田代さん、

やはり、これは感動せずにはいられないですよね。今でも思い出すと鳥肌が立つ思いです。

MasaGon日記、応援ありがとうございます。「人事勤労屋のつぶやき」もかなり良い線行っているじゃないですか。これだけ充実したコンテンツがあるんですから、1位は射程圏内ですよ。

やはり、これからはホームページは中身(テキストコンテンツ)が重要になってくるんじゃないですかね。見た目だけに変にこだわったっても、すぐに飽きられてしまう。

ビジネスモデル、是非お聞かせいただきたいです。私も今、週末起業でも出来るアイデアが浮かんで、現在調査中です。今度お会いした時には、是非ご相談させてください。
3. Posted by titi   2004年11月14日 07:57
最近読んだ100冊の本に値する本。物語としても面白いし、読書と実践をとおして得た知識が実践的であることに感動しました。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔