2004年09月18日

昨日あたりから検索エンジンからの訪問が急増している。彼らはたいてい、その記事のページしか見て行ってくれないので、リピーターのようにページビュー数にはあまり貢献してくれないのではあるが、ユニークユーザー数は増えているのである。

どんなワードで検索して来るのかと思って解析結果をみて驚いた。その結果は...


なっ、なんとそのほとんどが「内側から見た富士通」である。
(対象記事はこちら→MasaGon日記|内側から見た富士通

なるほどねぇ。みんな気になってるんだねぇ。fujitsu.co.jp からのアクセスもあった。(←ITと人事には気をつけてくださいよぉ!)

だけどこの本に関するまともな書評が少ないせいなのか、なぜかYahoo!で検索するとMasaGon日記が4位に表示される。

http://search.yahoo.co.jp/bin/query?p=%c6%e2%c2%a6%a4%ab%a4%e9%b8%ab%a4%bf%c9%d9%bb%ce%c4%cc&hc=0&hs=0

確かに大企業のサラリーマンだったらコメントしにくいだろうなぁと思う。記事の最後に「この記事に関するコメントはお控え下さい」と書いてある記事もあった。その記事にトラックバック付けた人もいるようだが見事に削除されていた(笑)。

つい先日富士通人事部による事例紹介セミナーがあったそうであるが、そこでも通常の倍近い入場者があったとか。

人事労務屋のつぶやき|外側から見た富士通

暴露本に関する質問は出なかったそうであるが、是非誰か質問して欲しかった...







(15:07)

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔